2009年02月16日

あなたの好きな飲み物とそのこだわりの飲み方

ドイツワインを片手にクッキングとは…。
なんだかその雰囲気だけで恐れ入ってしまふ。
かつてプレスリー聴きながらクッキングという方がいて、
やはり「すごい…」と痺れました。

かくいう私の家の庭では、ほぼ一年中モサモサとハーブが茂っています。
(その後ろにはモミの木が2本)ローズマリーやセージはさほど使いませんが、
パセリとミントはよく摘まれます。特にミントはすさまじい生命力で、
厳冬でも新緑のような強い緑を保ちます。私はとにかく紅茶が好きで、
英国の(仏蘭西に比べて香りの抑えられた)モーニングティーのような癖のない
ブレンドティーを飲みます。お湯を沸騰させ、茶葉がポンピングをし
クルクル回りはじめたら、摘んできたミントを2枚程入れ、
ペルーシュと言う(世界で一番美味しい)角砂糖を1つ入れます。
これで、ミントの香りが広がる熱々ハーブティーが出来ます。

それを朝、冷たい空の下で飲みながら、日々の草木の変化を眺めるのが、
こだわりの飲み方…、でしょうか。
posted by ふらんす堂 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

おすすめ

はじめまして、先週からアルバイトをはじめた花です。

まだ仕事を把握できずにワタワタしておりますが
綺麗な本に囲まれて幸せです。早くお役に立てるように頑張ります。
さて、初ブログですが「おすすめの恋愛映画」というお題を頂きました。

実は日曜日に「マンマ・ミーア!」という公開されたての映画を観てきました。
ギリシャの美しい島を舞台に結婚式を挙げる、娘と母のはっちゃけたミュージカルです。
演技派女優のメリルストリープが、すごくはじけた母親役を好演していて驚きました。

でも、それとは別に大好きな映画をご紹介します。
インドの女性監督ミラ・ナイールの『モンスーン・ウエディング』。
インド映画と言えば、歌に踊りに盛りだくさんな印象がありますが、
「ややストーリー性に欠ける」というのが評論家の意見のようです。
でも、この映画はしっかりストーリーもあるし魅せられます。
上流家庭の一人娘アディティを主人公に、6月に行われる伝統的かつ盛大な
結婚式を描いた物語…。式の為に集まった親戚をはじめ、周囲の人々5人の
エピソードが展開しますが、複雑な人間模様と、キラキラした華やかな恋が
ゴージャスな映像と溶け合っています。
そしてラスト…結婚式の終わりに降る柔らかな雨が、穏やかに人々を祝福します。
結婚式の準備をしながらやっぱり恋に落ちてしまう
ウエディングプランナーとメイドもなんだか可愛いです。

私はこれを観る時は、だいたいテレビの前で一緒に踊っています。
よろしければご覧下さいませ。

1.jpg
posted by ふらんす堂 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。