2008年10月31日

シトロエン

こんばんや、月子です。お久しぶりです。


ふらんす堂通信の制作も終わり、ぷは〜っとしております。
年4回、この締切との戦いの日々はなかなか体力を消耗します。

ところで、昨日、お昼休みに外に出たときにシトロエンXMを目撃しました。あの直線的なツンとすましたフォルム。思わず振り返ってしまいました。今思い出してもうっとりです。

写真あるといいなーと思ってインターネットを探したんですが、個人のブログだったり、中古車販売のサイトだったりで、ちょっとご紹介することができないのが残念。

近所にお住まいの方の車なのかしらん?
今度見かけたら、絶対シャッターきらなくちゃっ!

(月子)
posted by ふらんす堂 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 月子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレンジしてみました

マフラー大活躍のシーズンですね。
寒い時には二つ使うと良いですよ〜

さて、今年もまた我が家に長い鍋の季節がやってきました。
いつも同じでは飽きるので、先日、fさんがおススメされていた白菜と豚肉の土鍋蒸をアレンジして、サツマイモ・キャベツ・豚肉で同様にしてみました。
美味しかったです!!
今度は何で試そうかな手(チョキ)
posted by ふらんす堂 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | めい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

店員さん好感度比較

私は世間話というのが苦手だ。
買い物をする時、店員さんと立ち話とか、とても苦手。
人見知りという文字が見あたらなそうな月子さんがうらやましい。

そもそも私はいつもテンションが低い。
具合の悪いときや不機嫌なときなどはむしろ世間話をする気も起きないので気にならないのだが、特に具合の悪いところもない日店員さんに話しかけられてうまくこたえられないときなど、自分の愛想のなさに嫌気が差す。

そんな私が唯一長話をするクリーニング屋さんが近所にある。
関西なまりのとても明るくて感じのいいおばさま。
定休日の日曜日にとてもかわいい中学生くらいのお嬢さんと一緒に歩いているところをすれ違ったりして。親しみを持っている。
たくさんの洗濯物を持っていくときは「おばさま、きっと喜ぶだろう」ってうれしくなる。

こんなことっていままであったかしら?

近所のよくいく店はもう一つある。
自然食のお店で、私はそこでたくさんの食材を買う。
そこの従業員は3人いるようなのだか、この間そのうちの一人の女性とこんなことがあった。
私はその日、めずらしく少ない買い物をした。
「お願いします」品物をテーブルに置き、会計をしてもらう。
私は会計の済んだものから持ってきた袋に品物を入れていく。
「○○○円になります」と言われ、お金をトレーに入れる。
そしておつりをもらおうと片手を差し出したのだが…
ダーンって感じにトレーにおつりとレシートが置かれてしまった。そしてそのままその女性は目も合わさずに何か違うことをはじめたのだった。

かなり感じが悪い。
たくさんの買い物をしたときはおつりをもらうタイミングまでに品物を袋に入れきることができないので、トレーに置かれるのはなんとも思わないのだが。その習慣からこういうことになった?
しかしお客さんをまったく見ていないというのはどういうことか。
クリーニング屋さんに行った後に寄ったからまだよかった。もしこの日自然食の店にしか寄る用事がなかったら、たぶん半日は気分の悪い思いをしていた。
むりやりにもこの気分の悪い店員さんに話しかけるようにしてみたらどうだろう?って考えてみる。
愛想の悪い私のトレーニング相手になってもらおうかしら?
と、変なことを考えている今日この頃である。


コロ
posted by ふらんす堂 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

コミック版

こんばんは、ケロです。
だいぶ前に「精霊の守り人」ちゅう本のことを書きました。
文化人類学を研究する著者が描く骨太のファンタジーです。文庫版が出るたび買っていて、続きをいつも楽しみにしています。先日出た「虚空の旅人」は、怜悧な王子様と忠義一筋のシュガが良かった!

で、だいぶ前から書店に「精霊の守り人」のコミック版があるのを横目でちらちら眺めてはいたのですが、週末に初めて買ってみました。著者は藤原カムイ、ドラゴンクエストのコミックバージョンを描いていた有名な方です。

読んでみたら、絵柄がとても骨太でストーリーにとても合っていました。戦闘シーンになるといきなり描写が生き生きとして、あ〜この方戦闘を描くのが好きなんだなあと思ったりです。
また続きを買って帰ろう!


ちょっと微熱が続いていて、夜が辛いです。
皆さんも風邪にはご注意を〜


ケロ@秋だけでなく万年読書

posted by ふらんす堂 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ケロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行きたいな〜

先週、なんの番組だったでしょうか TV

韓国女優のソン・イェジンさんと 優香ちゃんと そしてその通訳役も兼ねて○○さん(韓国で活躍されている日本の女優さんで、名前は‥‥あせあせ(飛び散る汗)) 3人のトークシーンが目に飛び込んできました。

終わりのころだったので、どんな内容だったのか良くわからないのですが、


番組の最後に、“一人でお買い物(おみやげを)” の指令を受けた優香ちゃんが、韓国の町を  ひ ・ と ・ り  地下鉄に乗ったり、道行く人にたずねたり、お店の人とお話したり‥‥

とっても楽しそうでした ぴかぴか(新しい)

韓国に行ってみたい症候群の私にはたまらないシーンでした ぴかぴか(新しい)



誰かに連れて行ってもらう “ツアー” ではなくて、 
自分の 目と 口と 足 を使って韓国旅行をするぞ〜〜と、
心に誓う うさ でした わーい(嬉しい顔)
posted by ふらんす堂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | うさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

さっぱりしました

昨日美容院に行きました。
当日思い立って予約をして、運よく
夕方に行くことができました。

奮発してシャンプーもしてもらい、
頭、肩、背中のマッサージもしてもらいました。
気持ちよかったです。
髪を切ってもらうのは、気持ちも
さっぱりします。

美容師さんと眉上の前髪についてと、
ビューティフルライフ(テレビドラマの)
についておしゃべりしました。
今度、原作を読んでみようと思いました。
そして、希望の前髪を、次、切りにいくまでに
考えておくことを約束して、美容院を後にしました。
前髪は大事です。

ところで、先週いただいたりんご美味しかったです。

チイ




posted by ふらんす堂 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | チィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

馬肥ゆる秋。




kaki.jpg


しみじみと日を吸ふ柿の静かな   前田普羅


柿は日本を代表する果実だそうです。
もちろん今年はもう食べましたよね。

むかしは、柿はほとんど渋柿であったと歳時記にあります。
甘柿は鎌倉時代以降の改良品種とのこと。

いまの柿って
「こんなに甘くていいの!」
っていうくらい、あまーくてみずみずしい。
実はわたしは30分くらい前に食べたところ。
こちらは、種無しの柿だったけれど、食べた後カロリーを気にするほどの甘さ。

食欲の秋、しかも果物も豊富で、
葡萄も梨も柿もすこぶる甘く、
このブログを書いている今もウエストがなんだか
苦しいって悲鳴をあげている。がく〜(落胆した顔)

ああ、でも明日は、洋梨と林檎と柿を食べようって
うっとりしている私に驚く……。パンチ


(f)今日は、林檎と葡萄と柿を食べました。



posted by ふらんす堂 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | fragie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

いま、この「ビル」がアツい!?

こんばんは。若葉マークです。

みなさん、「ビル(Building)」といえば、何を想像されますか?
東京の方だと、六本木ヒルズや表参道ヒルズで有名な森ビルかしら?
それよりもいまは都内で一番の高層ビルとなったミッドタウンかな?

わたくし、最近、行ってみたいビルがあります。

その名も「くちビル」@自由ヶ丘。

kuchibiru.jpg

家からふらんす堂のある仙川へ向かう通勤電車の中でときどき窓から見えるこのビル。窓側に立ったときだけ、運良く見えます。これが見えると、なんだか今日はいいことがありそうな、ドキドキワクワクした気分になります。

一見、ちょっとセクシーな香りがしますが、健全な飲食店の入ったテナントビルのよう。ロックなライブイベントをやるお店などが入っているみたい。

辞書で末尾に「ビル」が入る日本語を探したのですが、「いびる」「かびる」「さびる」「しなびる」「びびる」「ひからびる」など動詞はあれど(しかも、ビル名にしたら、なんかあっさり倒壊してしまいそうな日本語ばかり)、「くちびる」のような名詞はなかなか見つからない。
このネーミングを考えたひと、あっぱれです!

若葉マーク@街の裏道は意外と発見がある
posted by ふらんす堂 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 若葉マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

コロコロのホクホク

最近どなたかの句集に「むかご飯」という言葉を見つけて以来、無性に「むかご飯」が食べたくなっている。

幼い頃秋に雑木林の中でヤマノイモの蔓をみつけると、よくむかごを探した。

持って帰って小さな片手鍋にいれてコロコロ煎って…よく煎りすぎて中がスカスカになってしまったっけ…塩をかけて食べる。いいお菓子だった。

コロコロっていう音、かわいい良い音してたな。

むかご飯は食べたことがない。けれど、想像の中のむかご飯はものすごくおいしいことになっている。
あんな地味な味をしているけれど、きっとご飯に合うなぁ。
ほくほくで、香ばしくって!

仙川でもヤマノイモは見かけるけれど、むかごは見あたらない。
まだごくごく小さい塊なのだろうか?

まとまって生えているところを探してみようっと。



そういえばこれも幼い頃、ヤマノイモの蔓の地下には山芋があると知って、掘ってきて食べたらぜんぜんおいしくなかったのはなぜだろう。まだ謎は解けていない。



ヤマノイモ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%A2


コロ
posted by ふらんす堂 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポモドーロ


こんばんは、ケロです。
家に帰ってからブログを書こうとしたら、必ずバタバタして忘れますね〜。気をつけよう! と毎週言ってますが・・・。

行きつけの美容院が井の頭線にあります。
髪の量の多い人を美しく爽やかにカットするのが得意な美容師さんで、出不精の私にしては珍しく、何年かずーっとお願いしてます。

美容院に行った帰りに必ず寄ってしまうのが、明大前のフレンテ。
明大前は、以前は「特急が止まるのに、駅はなにゆえこのように小さいのか・・・」と思っていたのですが、最近堂々と改装して、色々なお店が入った小さなモールになりました。

書店もできて素晴らしいのですが、立ち寄るのはPIZZA SALVATORE
ここのポモドーロが!もう!やみつきになりますよ!
薄味のひき肉が、麺にとろーっと絡みついて、ハフハフ言いながら食べるのが幸せです。

ここでポモドーロとコーヒーを頼んで、ランチをして、隣の書店で本を買って帰るのが、美容院帰りの定番になりつつ。

うーん、書いてたらまた行きたくなってきた!



ケロ@ミートソーーース!
posted by ふらんす堂 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ケロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

窓がないてる

こんばんは。
今日は、午後から雨が降ってきました。
ぽつぽつ降るくらいかなあなんて思っていたのですが、
窓のむこうからザーザーと激しい音が聞こえてきたのでちょっとびっくりしました。
部屋の窓、あけっぱなしだったなあとぼんやり思っていると、
うささんの家も同じということがわかって、なんだかちょっと嬉しかったです。
いろんな人に
「今帰って窓閉めてきたほうがいいんじゃない?」とか
「帰ったら部屋が海になっているかもねー!」とか言われて、ちょっと心配になりました。

でもなあ、部屋が海っていうのもちょっといいよなあ。

ワンルームが海になっていたらまた報告します。

30円
posted by ふらんす堂 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 30円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

白菜の出番が近づきました。

kakasi.jpg


国立の谷保の田んぼでは稲刈りもおわり、役目をおえた案山子たちが休んでいました。
(捨案山子といいます。)
どことなくほっとした感じがしません?


さて、これからいよいよ寒くなってくるんでしょうねえ。
白菜のおいしい季節となります。

そこで、とっても簡単白菜レシピをひとつ。
簡単すぎて料理じゃない! なんていわないでくださいな。

白菜をまるごとひとつ、あるいは半分、洗ってザクザクと切って
2回から3回に分けて土鍋にいれます。
豚バラ肉を適当にきり、白菜の間に敷きます。
そこへ、固形コンソメスープのもとを2〜3個いれます。

蓋をして、弱火と中火の間くらいで炊いて、良いにおいがして、湯気がでてきたら中を確認して豚肉に火が通っているようだったら、
それでOK。パンチ

水はいっさい不要。
白菜からたっぷりと水分がでて、白菜がおいしいこと、おいしいこと。

簡単でうまい。ひらめき

おすすめです。


(f)
posted by ふらんす堂 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | fragie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑笑笑笑笑笑笑笑笑!



立川談春著『赤めだか』を読みました。
電車の中で読んでいたのですが、あまりの面白さに、降りるはずの中目黒駅を通り越して六本木駅まで行ってしまったくらい、テンポよし、内容よし、登場人物よし、です!
一章一章がまるで落語の小噺のよう。

奥付をみると、この本は4月に出版されているのですが、その後、じわじわと口コミでそのスバラシさが広がっていったようで、先月、めざましテレビで彼とこの本のことが取り上げられていて、「ああ、読んでみたい!!」と思っていたのです。

すると、嘘みたいな話ですが、ある日、目覚めると、枕元にこの本があったのです。
(てっきり以心伝心(?)で、夫が買ってきたのかと思ったのですが、なんてことはない、夫が同僚から「面白いから読んでみて」と強く勧められて借りてきていた)
その偶然の出会いに感動しつつ、それから、ウワワワワーーーッとそれはもう怒涛の勢いで読みました。
『ハリーポッター』のときも、『ダ・ヴィンチ・コード』のときも、次ページを開かずにはいられない病にかかってしまって一心不乱で読んだ記憶があるのですが、それに次ぐ勢いか。

あまりにも面白かったので、彼の独演会を聞きに行こうと先週金曜日にネットでチケット予約をしようとしたら、1分で売り切れた…。
がっかり。大人気なんですね…

でも、近いうちにリベンジするぞ!!

若葉マーク@秋の夜長に落語もなかなか♪
posted by ふらんす堂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 若葉マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

はじめての鯛飯

鯛飯
(うねうねしてるのは昆布ね☆)

大地を守る会(有機食材の宅配)を利用しています。
以前から気になっていた「鯛飯の素」を購入、休日に作ってみました。
おいしかろう! 見栄えもよく!と思ってオールパン(短時間調理ができるフライパン)でご飯を炊いてみました。
はじめてオールパンでご飯を炊いたのですが、そのスピードにびっくり! 加熱15分蒸らし10分。保温の出来ないのが難点ですが。

できあがってテーブルにオールパンをドンと置き、写真撮影後、ザクザクと混ぜ、お椀によそって!口に運んで!
………
感想は「冷凍の煮魚混ぜご飯」。
はらわた苦いしー。
残念。


コロ
posted by ふらんす堂 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀の雫降る降るまわりに


こんばんは、ケロです。
いったん寝て、ブログを忘れていたことに気付き起きてきた次第!
あぶないあぶない・・・。

今日テレビで知里幸恵の生涯を追った番組が放映されていました。
知里幸恵は明治時代のアイヌの女性。わずか19歳でこの世を去ってしまったのですが、金田一京助のバックアップを得ながら、文字のなく口承で伝えられてきたアイヌ語をアルファベットで表記し、その神話を「アイヌ神謡集」という一冊の本にまとめました。フクロウやキツネ、カエルなどの動物の神様や、オキキリムイなどの英雄が出てきたりして、非常に深くて豊かな神話です。

タイトルの「銀の雫降る降るまわりに」は「神謡集」の最初の、ふくろうの神様の話です。
で、私の中学の教科書にはこれが載っていたんですが・・・。

ど、どうも北海道限定みたいな・・・?

ダンナさんに聞いたら知らないと言っておりました。
ええ・・・全国区かと思っていた!
まあしかし、私も支倉常長(伊達政宗の命で渡欧し、初めてローマ教皇の謁見を許された日本人)を知らなかったのでおあいこですね。

地方の偉人って結構いるもんですね!

それではもう一度寝ます。
おやすみなさい!


ケロ@岩波文庫で読めますよ〜
posted by ふらんす堂 at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ケロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

美味しいよA

お弁当のランチを食べました。

お刺身・酢の物・・・野菜の炊き合わせ・・・おいしいご飯・・・
三段のお重に入って運ばれてきました。

別皿で、ゴマ豆腐・てんぷら・香の物・はまぐりのお吸い物・・・

1500円でおつりがくると言う
とっても お得な 美味しい お昼を頂きました。

麻布十番で食事をしたのは二度目 揺れるハート



   銀座の串揚げ屋さん ぴかぴか(新しい)

      浅草の焼き鳥屋さん ぴかぴか(新しい)

         麻布十番の和食屋さん ぴかぴか(新しい)       



またまた素敵なお店発見で 幸せな気分です〜〜 わーい(嬉しい顔)
posted by ふらんす堂 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | うさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

シェイクスピアの魅力。

ameagri.jpg


昨日の雨上りの道端の草花。

秋の季節はとくにこういう草の花が美しいと思う。


蜷川幸雄演出のシェイクスピア劇を見に行ってきました。
タイトルは「から騒ぎ」、恋愛喜劇でいってみればドタバタ感たっぷりといったところでしょうか…。

ミーハーたるわたしの狙いは、日ごろからひそかに応援する
小出恵介君が主役であること、
そして役者がすべて男性であること。
つまり、美しい女性を男性が演じるということの魅力を堪能したいと
思ったゆえです。
男性だけで演じるお芝居を「オールメール」と言うそうです。



karasaawgi.jpg


結果は。

小出恵介君は凛々しく初めてのお芝居ということであるゆえの
いい感じの緊張感があり、とても素敵でございました。
二人の美女が登場するのですが、高橋一生君と月川悠貴君という
美青年がそれぞれ演じているのですが、ペチャンコな胸に
白い美しい衣装をまとった二人それぞれに個性は違っても、
一人は清楚に、そしてもう一人は妖艶に、
不思議な美しさがあり、
「これはわたしのこのむところだわい…」
と不思議な蜷川シェイクスピアワールドを堪能したのです。ぴかぴか(新しい)

蜷川幸雄の「シェイクスピアに惹かれる理由」という文章がまたとても面白い。
「荒唐無稽でいい加減」「無駄にエネルギッシュで馬鹿騒ぎを繰り広げる」「戯曲としてのバランスなんて無茶苦茶」
「近代劇の理論では『傷』や『矛盾』として排除されたものがここには溢れている。でも僕が惹かれるのはその『傷』であり『矛盾』なのです。」

けたたましいと言っていいくらい修辞に満ちたセリフ。
わたしもシェイクスピアのドタバタ劇が好きです。


小出恵介君の清潔なまなざしを思い出すと、
なんだか胸がドキドキとしましてよ。揺れるハート


(f)心はお姫さま気分
posted by ふらんす堂 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | fragie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

こちらは夜半からの雨により

運動会は明日に順延になりました。月子さんとこはどうなったのかしらん?
明け方にはやんで、今は晴れてますが、運動会やるかどうかを決める朝七時の時点で校庭が「すこぶるぬかぬか」の状態で吸水スポンジも歯が立たず、中止となったそうです。
今年は役員なので、お手伝いもいろいろあります。年長で出番の多い娘に気をとられて「ちょっと「め」さんっっ、参加賞のメダルが来てないわよっっ」なんて事にならぬよう、とりあえず昼寝でもして体力温存しようかしら。
以上、お弁当をバッチリ予行演習するハメになった「め」でした。
posted by ふらんす堂 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

明日は晴れるかな?

こんばんや、月子です。

明日は子どもの運動会。実家から両親もきて
てんやわんやの大騒ぎ。

ようやく、みんな寝静まったところです。

あしたは晴れるのか雨なのか。
親子競技に出るのも、とうとう最後になりました。

というわけで、明日、め、いっぱいがんばれるように
今日はもう寝ます。おやすみなさい〜。
いつも使っているふとんは親が使っているので
今日はホットカーペットの上で雑魚寝だす(涙)

(月子)
posted by ふらんす堂 at 22:26| 月子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

努力むなしく

くらげちゃん


春に野菜作りをはじめたことをお話しましたっけ。
その後どうなったかといいますと…
お恥ずかしいのですが失敗です。
写真UPは勘弁してください。
まあよくも枯れずにその丈を維持して生きながらえているなと感心してしまう。
プランターへ植え替えた時からたいして丈が変わらないのです。
おかしいな〜

植木屋さんに教えてもらったとおりに、腐葉土3・赤玉7の割合で混ぜた土に植えたのに。
本を読んで苦土石灰を少しまいてみたり。
お米のとぎ汁をかけてみたり。
煮干のはらわたをまいてみたり。

努力むなしく…さて、そろそろ土へと返してあげようかしら。
研究をするほど時間にゆとりはないのよねー。
ゴーヤの蔓の緑のカーテンを見ることができるのはいつのことやら…。

まあ、アロエと月桂樹の苗あたりを買って来よっかな。トホ



※写真はサンシャイン国際水族館のくらげ
「崖の上のぽにょ」の影響でくらげは人気なんだそうですね。
ノーベル賞でも「オワンクラゲ」の研究が評価されて…ますます人気に拍車が???


コロ
posted by ふらんす堂 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。